医療事故ファイル

医療事故ファイル7:早期胎盤剥離

妻の妊娠生活は非常に順調でした。母子共に健康で、それまでの検診でも何一つ問題はなかったんです。分娩自体も正産期に入ってからのもの。出産前にわかるような異常は何もありませんでした。

ところがいざ出産という日、ちょうどそのとき私は遠方へ出張に出ており、妻から陣痛が始まったという連絡を受けてからも何もできませんでした。

生まれてきた子どもと妻に会えたのは、出産から2日後のことだったんです。

順調に成長していたはずの息子は、なぜか集中治療室に入っていて妻はうつろな目をしていました。そこで初めて出産時に医療事故ではないかと思われるような出来事があったことを聞かされたんです。

陣痛の間隔が狭まってきたため、妻は電話をしてから出産予定の病院へ。迎えてくれた助産師に状況を話していたところで破水したようです。

ところが夜間のためか病院にスタッフの姿は少なく、医師が診察に来ることもなかったといいます。

痛みに耐えられず妻がナースコールをしても、助産師からは「もう少し我慢して」と言われるだけでそれから数時間放置。妻がもうだめだと意識を手放しかけたところで医師が来てようやく分娩となったそうです。

しかし生まれた子は泣き声をあげることはなく、そのままNICUへ。何かしらの障害が出る可能性が非常に高いということでした。

医師に説明を求めたところ、早期胎盤剥離が原因だと言います。なぜ早急な対処をしてくれなかったのかと聞くと、医師不足でそのとき対応できる医師がいなかったのだと言うのです。

このような状況でで大切な子どもに障害が出たとして、この病院や医師に責任を問うことはできないのでしょうか?病院側の対応に非常に不満を持っています。

ページのトップへ戻る