離婚ノート- 離婚体験談まとめ -

結婚後に動物アレルギーが発覚し、猫が原因で家を出ることに(2/3)

別居をしてから、すぐに弁護士のところに相談に行きました。性格不一致のため離婚を考えており、現在別居中であることなども伝えました。

弁護士の説明によると、動物アレルギーで別居をしてもすぐに離婚できるわけではなく、妻と話し合って、慰謝料をどうするかなど、決めなくてはならないことが多くあることが分かりました。最初のうち、妻が話し合いに応じてくれなかったため、別居後の3カ月くらいは、まったく進展がなく、ただ時間が過ぎていく生活を送っていました。

妻がいるマンションの家賃は、二人で半分ずつ負担しています。私が住んでいる現在のマンションの費用は、当然ながら、私自身が払っていますので、この1年強は、二重生活になっており、心理的にも、経済的にも大変な状況になっています。家財道具は妻が持っていますので、私が住んでいるマンションの家賃だけではなく、冷蔵庫やテレビ、ソファなども新たに買いなおす必要がありました。別居を検討されている方は、あらかじめコストのことを計算しておいた方がよいと思います。

別居をしても、すぐに離婚できるわけではありませんし、長い間、二重生活を送らざるを得ない状況に陥る可能性は十分にあります。現在の職場で、色々と相談に乗ってくれている女性がいます。その人は私に好意を抱いているようですが、当然ながら二人で食事などにも行けず、様々な制約がついた状態で過ごしています。

DATE:2016/10/7

ピックアップ記事一覧へ