医療事故ファイル

医療事故ファイル11:手術で味覚が

インプラントの手術で味覚が!

インプラントを入れる手術をした友人の医療事故の話です。長年通っている歯科があるのですが、そこの先生に勧められて受けることにしたみたいです。説明も、かなり丁寧だと言っていました。ですが、実際に受けてみて大変なことが起こってしまいました。神経を傷つけてしまったのです。それで、味覚に影響が出てしまいました。痛いとかではないのがせめてもの救いですが、食べても以前ほど味を感じることが出来ないわけですから、食事が面倒になってしまったのです。元々ふっくらしていた友人ですが、友人曰く1ヶ月で5kgほど減ってしまったらしいです。確かに、顔が特にほっそりした気がします。

インプラントを入れたばかりのときは誰でも食事はしにくいと思うのですが、友人の場合は舌に影響があるわけですから、しばらく影響が出てしまうと思われるわけです。医師によるとしばらくすれば治ってくるらしいのですが、それがいつになるか分かりません。友人は、痩せられるからいい機会かなと笑っていますが、長い間食事をまともに摂れないなんて、悲しくないはずがありません。もちろん食べられないことはないですし、最低限は食べています。ですが、好きなものを食べてももったないからということで、そういうのはあまり食べていないみたいです。好きなものを美味しく食べられないのは、辛すぎます。このまま治らなかったら、弁護士に相談することも考えているみたいです。

ページのトップへ戻る